ローレル 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

ローレル 買取 相場

ローレルの買取価格をローレルの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【ローレルの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

日産自動車が製造・販売していたローレル (LAUREL) は、ライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の「ハイオーナーカー」となった、ミドルクラスの乗用車である。車名ローレル (LAUREL) は、英語で「月桂樹」「月桂冠」の意味である。1968年4月初代(C30型系)が発売された。510型ブルーバードより上級で、かつ、法人需要の多い130型セドリックとは性格の異なる「ハイオーナーカー」として企画された。1997年6月現行の8代目ローレル(C35型系)が発売された。テーマは、「すべてが気持ちいい、大人のエレガントスポーティサルーン」であった。高級な走りであり、スポーティさを目指したものになっている。クラブSシリーズは、スポーティで精悍である。メダリストシリーズはエレガントであり、大型のメッキフロントグリルや伝統のフードオーナメントを受け継いでいる。インパネは2段構成デザインのものを採用し、立体感のあるデザインになっている。木目調のパネルや、質感のあるトリムを使い、室内空間が華やかになっている。メダリストシリーズのインテリアカラーは、ブラウンやウォームグレー、クラブSシリーズはブラックが設定されている。安全面では、デュアルSRSエアバッグ、ブレーキアシストが標準装備されている。2003年1月生産を終了し、34年間のローレルの歴史に幕を閉じた。

【運営者情報】自動車評価学会 ローレル買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ